上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均株価は、17800円台を遂に向かえ、大幅値上りであったようですね。

監視銘柄は、それほどの影響が無かったのか、ほどほどの上昇傾向であり、監視していない業界ばかりが大幅に上がっていた気がします。

取引内容ですが、大幅値上りしている日だったのですが、上手い具合に買いに行けず、逆行した空売りで少量儲けた程度です。
久々に新規IPOにも挑戦してましたが、かすりもせずのようで当選は無理そうな感じです・・・。

極洋 261 2000 → 260 2000(空売り)


現在、年金制度改革??の一環として、補償についての特例を国会にて審議されておりますが、そもそも平成9年度付近の移行に伴う不具合(適確な管理ができていない)が問題であります。
民間企業に例えるならば、倒産するほどの不祥事でありますので、社会保険庁の意義はすでに皆無であると思います。(責任は、関係省庁にあるのは当然ですので、職員一律20%給与カット及び上役の40%給与カット、過去の担当者も同じ措置、社会保険庁の解体と国税庁との統合、年金方式の変更が必要であると思います。)

過去に遡って調査し行うとの事ですが、その証拠はどのようにして判断するのか??が不明確である(証拠としては、明細などが考えられますが・・・)と思います。(特例法では、第三者機関で判断するというようになっているのは、ちと不明確すぎるし、判断に格差が出ると思うのですが・・・)
納付しているという証拠をこのようなことが在ると思って、次からは残す必要があると思います。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/05/31 20:58】 | 株投資
トラックバック(0) |


kishin
ミスをしたのであれば、それ相応の罰を受けなくてわいけないってのが社会の常識であるわけで。
それにわ例外なんてないんですよね。
ってことで、職員の給与カットわ大賛成です!

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。