上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、馬鹿な事件特集ばかりですが、知ってる人はそのまますっ飛ばしてください。m(_ _)m

市職員、病気療養中のハズが…陸上大会400メートル優勝 

 長野県塩尻市の男性職員が、療養休暇中に陸上大会で優勝していたことが24日、分かった。400メートルで優勝して地元紙に名前が出てしまい、同僚らが見つけてビックリ。「練習はしていない」という割には見事な成績だ。市は口頭で注意したが、給料は丸々もらっていることから「税金泥棒!」などと苦情が殺到している。
 公務員の病欠問題が世間を騒がせる中、登場した体力勝負の“病欠走り屋”は、塩尻市のスポーツ振興課の20代半ばの男性職員。「中高と陸上部に所属し、採用6年目くらい。陸上大会にもちょくちょく出てそこそこの成績がある」(同市)というアスリートだ。
 市人事課によると、職員は6月下旬、精神的な病気から精神科医の診断書を提出。「食欲がないし気力もない。部屋から出る気もないし、好きな陸上の練習をする気もない」などと説明し半年間の療養休暇を取得した。
 通院しながら療養しているはずが、10月上旬に行われた県の陸上大会にピンピンと参戦。高校生以上の男子400メートルの部に出場し53.7秒で優勝、100メートルは11.9秒で3位。土のグラウンドにもかかわらず、なかなかのタイムをたたき出した。
 おかげで地元紙に名前と記録が出てしまい、同僚らが見つけて「あれ? 病気なのに」と仰天。人事課長らが呼び出したところ、職員は「自宅にいると気がめいる。たまたま大会があったので出た。練習はしていない。二度と誤解を招くことはしない」などと謝罪。人事課は「まわりから見ればふさわしくない」と口頭で注意したという。
 療養休暇中なので基本給は丸々ゲット。問題が発覚してから悪事千里を走り、市には苦情電話が殺到。「処分はどうなっているのか」「注意だけでいいのか」のほか「練習なしでこの記録なら、練習したら五輪に出られる」という皮肉も。
 本人が書いたと思われるブログもあり、同大会の400メートルでの優勝を報告した上で「明後日は別の大会で多治見市へ行きます」と他大会や全国大会の出場もツラツラ。「きょうはスピード持久力のトレーニング」と練習の内容も綴っていた。
 虚偽申請のニオイもするが、人事課は「ブログは確認していない。練習は本人がしていないと言っているし。部屋にこもりがちだったのが、大会に出場したということはある程度気持ちが楽になってきたのでは」と前向きで処分も未定とか。健全な肉体には健全な精神が宿るということか?


奈良市、大阪市、京都市等の事件から学びことは無かったのか、まずその自治体に言いたい。(次から次へとこのような事件が起こるということは、まだまだ有ると断定できてしまい、しいては全ての公務員に対して、不正があるのではという目が日に日に増してしまう結果になる。
真面目に公務されている方々に対して顔に泥を塗るような行為をした公務員には、特に厳しい刑罰をしてもらいたい。)

療養休暇と有給は違うものであるということは、誰にでも分かることであり、療養期間の間に陸上大会出られるのは病気ですか???、恥を知れと言いたい。又、何故こういった不祥事の時には、氏名、年齢、国籍を発表しないのか??不明確である。


日教組、教基法改正阻止に3億円投入 デモ参加計1万5000人

 日本教職員組合(日教組)の反教育基本法改正運動への支出が約3億円に上ることが24日、分かった。教師が平日も国会前でのデモに参加していることに対し、自民党幹部からは「高い給料をもらいながら政治活動していいのか」(中川昭一政調会長)と批判が出ているが、日教組は「授業代行を他の教師に頼み、年休を取って活動している」(組織局)と組合費支出や運動の正当性を強調している。
 関係者によると今年4~10月、教育基本法改正反対運動のため日教組が主催した国会前デモ行進や都内での集会などは7回行われ、組合員延べ約1万5000人が動員された。ほとんどが現役の教職員で、交通費や宿泊費、食費は日教組が負担した。さらに、25日には東京都千代田区の日比谷公会堂で3000人規模、12月8日には1万人規模の反対集会を予定。ビラ作成や新聞への意見広告掲載費も組合費から支出しており、反対運動への支出は約3億円に達する見込みだ。
 日教組は10月26日、同法改正に反対し31年ぶりに「非常事態」を宣言しており、「近年にない取り組み」(連合関係者)という。


日教組は、いつから政治結社になったのですか??教職員組合の1つだったのは無いのですか??、また3億円もの資金源は何処から来ているのか聞いてみたい。(他の先生に自分の仕事をほったらかして、行うべきものなのか??)

子供の教育のためとか言っているが、所詮は自らの進退が難しくなるからだけではないのか??
うちの地域においても、共産党等がうるさく教育基本法改悪反対といっているが、なぜ改正することが、悪いことなのか全くと言っていいほど説明していない・・・。(同じく、マスコミも改正内容について、愛国心の部分だけ強調して、他の改正部分について放送していないように思える。)
自国のことを、只単に批判するだけなら、誰にでもできる。しかし、改正内容の説明と繁栄への対応は、政治家の仕事であり、それを選んだ国民の対応である。



男性教諭が50万円着服 ATMで置き忘れの現金

 鳥取県の湯梨浜町教育委員会は25日、同町立羽合小学校の男性教諭(48)が9月、勤務時間中に立ち寄った銀行の現金自動預払機(ATM)に置き忘れられていた現金50万円を着服したと発表した。
 持ち主から被害届を受けた県警倉吉署が遺失物横領容疑で捜査し、今月13日に教諭に事情聴取。教諭は着服を認め、その後、持ち主宅を訪れ現金を返して謝罪し、校長に報告した。教諭は「なぜこんなことをしてしまったのか分からない」と話しているという。
 町教委によると、教諭は9月1日、同町内の銀行で、ATMの上に置き忘れられた現金50万円入りの封筒を持ち去り、自分の口座に入金した。


子供に教育する側が、盗人になるとは言語道断、普通、銀行へ落し物ですよと言ってたり、警察に届け出るのですが・・・・。
不注意ではなく故意の犯罪であるので、実名報道すべきであります。
どうして、この様な事件が多いのか・・・・。
個人の自由ばかりで、モラルのない世の中では、未来はないです。


大阪市職員、電車内でいきなり下半身を露出
 
24日午後10時50分ごろ、奈良県三郷町のJR関西線の三郷-王寺駅間を走っていた難波発王寺行き普通電車の車内で、立っていた男が、席に座っていた同県平群町のアルバイト店員の女性(29)らに向かって、いきなりズボンのファスナーを下ろし、下半身を露出した。
 女性らが王寺駅到着後に駅員に連絡し、通報を受けた西和署員が公然わいせつの現行犯で、大阪市環境事業局清掃職員、増山譲二容疑者(42)=同県香芝市白鳳台=を逮捕した。


一言だけ、御馬鹿に付ける薬は無し、刑罰に服し、反省して来い!!
(特に関西の環境事業局ってどこの自治体でも、こんな奴ばかりなんですか??)



公明区議6人全員辞職へ 目黒の政調費問題、772万返還し引責

 公明党目黒区議団に対する政務調査費返還を求める住民監査請求が受理された問題で、同党都本部の高木陽介代表代行(衆院議員)は24日、政調費に「不適切な支出があった」として、支給された平成17年度の政調費1200万円のうち、約772万円を区議会事務局に返還。同党の目黒区議6人全員が同日、党本部に辞職願を提出したことを明らかにした。地方議会で複数議席を持つ同党の会派が1度に消滅するのは極めて異例。
 同区議会の政調費をめぐっては「目黒区オンブズマン」(梅原辰郎代表)が不当な支出があるとして自民党と公明党区議に対し、住民監査請求を申し立て受理されていた。
 都庁内で記者会見した高木代表代行によると、同区議団が自主的に政調費の使途を調査。車の車検整備、カーナビの購入、広報宣伝、飲食を含む会議費、電話代、高速代、借り上げたバス代などに使用してたことなどが判明。「事務的なミスや個人的な勘違いのほか、公私交じった使い方も見受けられた」(同代行)という。
 同党では(1)厳正に取り扱うべき政調費は党の方針を逸脱(2)区民の信頼を裏切り、党の信用を傷つけた-などとして、来年4月に行われる予定の統一地方選に、すでに勇退を決めていた2人を除く現職4人の区議の党公認の取り消しを決定。これを受けて、6人全員が辞職を申し出て、党本部が認めた。
 高木代行は「政治活動とプライベート活動であいまいなところがあってはならない。区民感情や納税感情を考えると謙虚に扱うべき」と話した。
 目黒区オンブズマンでは、自民党区議(議長)も公用車を使用しているにもかかわらず、高速道路代やハイウェイカード代、抱き枕代など114万2276円を計上していると指摘していた。
 政調費は各自治体で、行政調査などの経費として議員に支給され、同区では議員1人当たり月額17万円を支給。16年度からは領収書を添付したうえで、使途の報告を義務付けている。
 今年4月には「品川区民オンブズマン」が品川区の自民党区議団がカラオケスナックや居酒屋などで、約2年間に約770万円を支出したとして返還を求めた訴訟で、東京地裁が「区政に関連する調査研究や会議に伴うものとして目的外支出に当たる」との判断を示し、全額返還を認めた。


政治家及び公務員の監視がいる世の中を象徴してますね・・・・。
自浄浄化なんぞ無理ですので、地域一人一人自治体及び政府及び政治家が不正していないか見ていく、必要なあるのですね。
安倍政権においても、経済面では、一部財界を後押しするような方策を考案している部分がありますので、良く吟味する必要があります。
10年後は、何処へ向かっていくのか、今のところ分かりませんし、期待できませんが、悲観的にならず、前向きに進んでいくしかありません。(山積み問題を1つずつ、潰していく姿勢と繁栄を目指す方策を見せて頂きたい。)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

【2006/11/26 13:27】 | 政治
トラックバック(2) |


おしょう
>日教組は、いつから政治結社になったのですか??教職員組合の1つだったのは無いのですか??、また3億円もの資金源は何処から来ているのか聞いてみたい。

はじめから政治結社です(笑)。
それから、組合員は毎年、約20万円ほどを組合に毟り取られてますから、これくらいの資金は、簡単に捻出できると思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
>日教組は、いつから政治結社になったのですか??教職員組合の1つだったのは無いのですか??、また3億円もの資金源は何処から来ているのか聞いてみたい。

はじめから政治結社です(笑)。
それから、組合員は毎年、約20万円ほどを組合に毟り取られてますから、これくらいの資金は、簡単に捻出できると思います。
2006/11/28(Tue) 14:42 | URL  | おしょう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
車検費用を徹底攻略、ユーザー車検、車検代行攻略、車検の種類、保険の選び方など車検費用節約の情報が満載
2006/11/28(Tue) 10:33:59 |  車検費用攻略、車検費用を安くしよう
子育て、育児、保育の悩み解決では、子育て、育児、保育の不安や悩みを解決する情報をお伝えしています。
2006/12/13(Wed) 11:13:49 |  子育て、育児、保育の悩み解決
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。