上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河野談話見直し始動 歴史教育議連、訪米も計画

慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の河野洋平官房長官談話の見直しを検討している自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」小委員会は26日、本格的に活動を開始した。米下院で慰安婦問題に対する誤解に基づいた対日本非難決議案が提出される動きがあるため、中山泰秀小委員長らが早期に訪米し、採択阻止を目指すことを決めた。
 会合では、防衛研究所の元研究員が「当時『従軍慰安婦』の言葉はなく、旧日本軍が直接募集にかかわった事実はない」と説明した。
 安倍晋三首相は昨年の臨時国会で、政府として「河野談話」を踏襲する考えを示したが、旧日本軍による直接募集という「狭義の強制性」は否定した。「首相の本心は河野談話を踏襲することではない」(同会メンバー)とされ、政府が河野談話の見直しに踏み切れるよう側面支援していく考えだ。
 また、同会は「南京事件」から70周年の今年、同事件を題材にした映画が公開されることを懸念し、新たに小委員会を設けて誤解を解く運動を行う方針。中山成彬会長は「中国で外国人観光客が誇張、偽造された日本兵の残虐な行為の展示物をみれば、日本人へのイメージダウンになる。言うべきことを言わないと、真の日中友好ははかられない」と述べた。

漸く、今までの改ざんされた歴史を正そうとする動きが見れて嬉しい限りです。但し、まだまだ始まったばかりですので、先は長いですが、気を引き締めて頑張って頂きたい。
従軍慰安婦や南京大虐殺等の歴史的に定かで無いものを、真実であるかのように広める動きが多く見られます。こういった行動の原動力になった一部のマスコミ(朝日新聞、毎日新聞)は、どう思っているのでしょうかね・・・。
特に素晴しい感性でジャーナリスト宣言して、1900万円も稼ぐことができる会社(朝日新聞)は、いつも通り運行して、何も反省せず、何も謝罪せず、日本は悪だ!!とかいうのでしょうね・・・。
早く、そんな新聞必要ない時代へ変革してもらいたいです。


南京の真実(仮題)について映画化される模様です。
詳しくは、ホームページ東アジア黙示録さんで見て頂ければ、幸いです。

製作趣旨一部抜粋
南京陥落70周年の今年 (平成19年・2007年)、米国サンダンス映画祭にて、南京「大虐殺」映画が公開されました。さらに、中国、カナダ、米国等で計7本の南京「大虐殺」映画製作が予定され、全世界で公開されると言われています。歴史的事実に反し、誤った歴史認識に基づくこのような反日プロパガンダ映画によって、南京「大虐殺」なる歴史の捏造が「真実」として、世界の共通認識とされる恐れがあります。また、そこから生まれる反日、侮日意識が、同盟国の米国だけでなく、世界中の人々に定着しかねません。

今まで何も言ってこないうちに、後手後手になっている南京作戦について、チャンネル桜を筆頭に多くの方々と製作されることになり、嬉しく思います。
私もできることだけの協力をしようかと考えております。(とはいっても貧乏ですので、1口くらいしかできませんかも・・・。)
これをきっかけに、真実を知る人達が増えてくれれば幸いです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/01/28 22:16】 | 歴史
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。