上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均株価は、大幅に下がっており監視銘柄も、9割近くが下がって終わっている状態のようです。(今日も忙しく見る暇が。。)

IPOの補欠当選のお陰で資金がストックされてしまい、信用取引もできないです。。(見る暇無いから、まだ良いのですが^^)

2日までは、完全に何もできない状態ですので、新たな監視銘柄を見つけるなり、資格所得の勉強をするなりして参ります。(明日も見る暇ないのかな・・・・・。)

三菱UFJ証券に業務改善命令=未公表情報で株取得-金融庁という記事を発見しました。
この所、証券会社の不祥事が多くなってきております。
法令順守が出来ない会社が多いということなのでしょうね。
モラルが無い世の中に、ため息が多くなります。


北朝鮮に対する制裁の手がアメリカの譲歩より、資金凍結解除への動きが見えてくる気がして参りました。(アメリカには、イラク関連とイランでこちらに回っている余裕が無いのですね。日本のとっては、期待はずれの最悪の結果になりそうです。)
この結果により、国防に対する必要性が特に重要になり、より早急に進めるべきであると思います。


厚労相辞任なければ補正審議拒否=野党国対会談で確認へ

 民主党の高木義明国対委員長は31日午前、柳沢伯夫厚生労働相が「女性は産む機械」と発言したことに関し、「きょうの予算の提案理由説明は波静かなら予定されていたが、それまでにはご決断いただきたい」と述べ、柳沢厚労相が辞任するか罷免されない限り、午後の衆院予算委員会で行われる2006年度補正予算案の提案理由説明に応じない考えを示した。
 野党4党は同日午前、国対委員長会談を開き、こうした方針を確認する見通し。ただ、共産党は柳沢厚労相の罷免は必要としながらも審議拒否には同調しない方針だ。 

 厚生労働大臣の発言は、確かに不適切であるが、発言を撤回して謝罪している。さらに「改めて深くおわびする」とも謝罪した。首相も「極めて不適切な発言だと、柳沢厚労相には厳重に注意した」「国民に深くおわびし、ご理解を賜るようお願い申し上げる」と全面的に平謝りしている。この時点で、終わりではないのか??(社民党の阿部氏の件は、マスコミさんは何処も取り上げてませんが・・・これは如何に??)
 
 記事にある通り、民主党の高木義明国対委員長は、「柳沢厚労相が辞任するか罷免されない限り、午後の衆院予算委員会で行われる2006年度補正予算案の提案理由説明に応じない考えを示した。」とあるが、これでは、只の仕事放棄ではないのか??
 
 こんな下らない茶番ばかりやっていないで、やることは、山ほどあるのですから、さっさと仕事しろ!!と言いたい。(昨年の予算委員会での民主党議員の発言と行動は忘れておりませんので、あしからず。)
 仕事及び政治資金及び犯罪での失態の場合は、追求する必要があると思いますが、この場合は不適切ではないのでしょうか??(こんなことだからブーメラン政党と言われるんですよ!小沢氏の不動産資産(政治資金)は、どのようになっているのかと、角田氏の件も詳しく調査し、国民に説明して下さいね^^)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/01/31 22:34】 | 株投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。