上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均株価は、午後から値下がりしており、停滞モードが続いているようですね。
新規IPOのディーバは本日お預けの47万円突破のようですね。(当たった方おめでとう御座います。。)

監視銘柄のほとんどが青時の値下がりでしたし、保有株も日経平均と同じような動きでしたが、少し強気の買いが入っているようなので、様子見しながら待ちます。

日経株を中心に監視しながら、今後は、どっちの方向に進むのか見て参りたいです。


政治は、マスコミ各社の大臣叩きはまだまだ続いていますね。
(一部分の不適切な発言から、言葉狩りに発展??した阿呆な騒動ですが、野党の議員(社民党党首福島瑞穂氏阿部知子氏民主党管氏の不適切な発言については、ネットでは厳しい指摘がありますが、マスコミは全く無視ですね~~。実に、報道の姿勢が表れていると感じます。
騒動にした責任(仕事放棄とも取れる審議拒否も含む)として、両成敗で野党の議員と柳沢氏の辞任が私には解決する措置だと思いますが・・・。)



NHKが ヒル次官補に質問!
「拉致問題にこだわらないよう日本政府を説得できますか?」



NHKとのインタビュー

クリストファー・ヒル国務次官補 東アジア・太平洋担当
米国大使館(東京)
日本東京都 
2007年2月6日

NHK:私の友人の中国人外交官は日本政府の態度に不満を持っていて、日本政府が拉致問題にこだわっていることに不満です。彼らはいつも6者会合の進展にとって拉致問題は障害であると文句を言っており、日本と他の国の間に、この問題でギャップがあります。日本政府に、この点について、貴方は説得できますか?

ヒル:貴方の友人の外交官が中国外交部の誰なのか知りませんが、私の話している中国外交部は、この日本にとって大きな問題を理解しています。日本政府がこの問題を無視できない事を理解しています。中国はこの問題を現実的な観点で解決しようとしていて、実際それは問題なわけです。我々は何が出来るのかを今後知る事になるでしょう。

 大切なことは北朝鮮との対話メカニズムを作ることで、日本政府が北朝鮮と拉致問題を話し合う事だと、私は思います。6者会合は広範なもので、そのプラットフォームのなかで幾つかの個別イニシアチブを発足させることが出来ます。

 幾つかのイニシアチブがあって、米朝二国間協議とか、そうしたものは6者会合の中で実現できます。実際に非核化がかなうのであれば、そして我々が合意事項の実施を進め前進することが出来るのであれば、我々は韓国人や朝鮮半島にとって重要な問題を検討することが出来るわけで、停戦条約を平和条約に置き換えることもできるのでしょう。(翻訳 2ch 静岡makky ◆IgDbIlkkMo氏)


NHKが拉致問題解決に協力したくない様が見えてくる??ような質問をしております。
公共放送であるNHK社員が、言論の自由、報道の自由があるにせよ不適切しすぎていないか??
この様な姿勢を続けるのであれば、今後、私は受信料を払いたくないです。
事実のみ報道の姿勢であれば、進んで払いますが、中国及び韓国に媚びるような報道、重要な部分を省く報道、受信料で何故か韓国のドラマを買い、今後も放送する姿勢等多くの疑問が残る体制には、何かしらの取引でもあるのかと思ってしまいます。(NHKだけではなく、ほぼ全ての放送局がこの様な実態ですね・・・・。いいかげんしてほしいです。)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/02/08 22:57】 | 株投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。