上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均株価は、18200円台へと突入しており、先週のような勢いは感じませんが、安定又は小上昇の状況であると感じます。

監視銘柄は、どっちつかずの展開で先週の価格とさほど変わらず終わっているものばかりのようでしたが、日立造船がこの所大幅に出来高があがっており、株価200円まで上がっていたのには驚いております。

タイトル通り新規IPOに資金注入(90%投入)しており、決定するまでは少量の金額にて、行って参ります。(注目しているのは、イー・キャッシュ、ネクストジュン)
ユーエスジェイも上場するようですが、私としては特に注目しておりませんし、未だに行った事が無いです。


慰安婦、根拠は「河野談話」決議案提出のホンダ議員

米下院に慰安婦問題をめぐる対日非難決議案を提出したマイク・ホンダ議員(民主)が25日、フジテレビの「報道2001」に中継で出演し、決議案が「日本軍による強制的な性奴隷化」などと軍による強制連行を一方的に断定している根拠について、「官房長官談話が出て、首相が謝っている。実際に(強制連行が)なければどうしてそういうことが起こるのか」と述べ、平成5年の河野洋平官房長官談話を挙げた。
 これに対し、日本側の出演者は「日本政府に謝罪を求めながら、強制連行の根拠を『日本の首相が謝罪しているからだ』というのは論理矛盾だ」(山本一太参院議員)などと反論。日本政府の対応にも注文が相次いだ。
 ホンダ氏は、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」が河野談話の修正を求めていることについて、「議員が声明の内容を変えようとしている。本当は心から謝っていないのではないか」と非難。レーガン政権が1988年、第2次世界大戦中に強制収容した日系人に謝罪と補償をした例を挙げ、日本政府がこれに習うよう訴えた。また、決議案が日米関係に及ぼす影響について「日米関係をさらに強固にする」と述べた。
 河野談話をめぐっては、安倍晋三首相が昨年10月の国会答弁で「狭義の強制性(強制連行)を裏付けるものは出てきていない」と強調。首相サイドでは部分修正を模索する動きも出ている。


産経新聞第1面にも、書かれております記事です。
フジテレビの「報道2001」の内容については、実際の番組は、用事があり見ておりませんので、詳しく説明されております。
ぼやきくりっくさんの記事にてご確認して下さい。

慰安婦問題は、出演者の稲田氏、櫻井氏の女性両名がご説明されている通りであり、司会進行役黒岩キャスターの質問も素晴しいと感じます。

>河野談話をめぐっては、安倍晋三首相が昨年10月の国会答弁で「狭義の強制性(強制連行)を裏付けるものは出てきていない」と強調。首相サイドでは部分修正を模索する動きも出ている。

張本人のお方は、北京オリンピックの応援で忙しいのか??河野談話のインタビューについては、お逃げになっておられるようですね。
さて、偽り内容の談話を早期に破棄又は大幅修正出来るように、議論及び本人による陳謝と破棄を行わせることが必要ではないでしょうか??(本人の辞職勧告付きです。このような無能な政治屋は、いらぬ。次の世代への汚点でしかない。)
又、客観的に事実関係も分かっていない方が謝罪を求めて、他国への内政干渉を行ってくるのでしょうか??(裏で金銭の取引等があるのではと思えますが・・・)
この議案が通ることで、日米関係が悪化する可能性が高いことは、誰にでも想像できることであり、漁夫の利を得るのは、中国+朝鮮半島の国であることも明白である。
以前にも書いておりますが、この議案の結果と北朝鮮との外交の結果次第で、安倍内閣へ不支持となります。(これすらできないのであれば、安倍内閣を支持する意味はないので・・・)



文化財盗に「韓国ルート」、逮捕の韓国籍男が接点か

重要文化財の仏画を強奪しようとして、愛知県警などに逮捕、起訴された韓国籍の男が、別の窃盗団が盗んだ仏画を元の所有者に買い戻すよう持ちかけていたことが、同県警の調べで24日、分かった。
 同県警では、男の背後に盗品を扱う販売ルートがあるとみて調べている。
 逮捕されたのは、韓国籍の住所不定、金在七(キム・ジェチル)被告(48)(公判中)。2005年8月と昨年9月、愛知県御津町と福井県敦賀市の二つの寺で、国指定重要文化財の高麗仏画「絹本著色王宮曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくおうきゅうまんだらず)」などを奪おうとしたとして、強盗傷害罪などで起訴された。
 金被告は一昨年5月にも来日し、兵庫県加古川市の鶴林寺を訪問していたことが判明。幹栄盛(みきえいせい)住職(69)をソウル市内のホテルに呼びだし、同寺で02年7月に盗まれた国の重文の高麗仏画「絹本著色弥陀(みだ)三尊像」を買い戻すよう働きかけたが、金額が折り合わなかった。
 金被告は愛知県警の調べに対し、「ソウル市内のカジノで出会った、自称会社社長の『朴』と名乗る人物から『3000万円で買い戻させれば、600万円の報酬を払う』と持ちかけられた」と供述した。

 ◆不明の重文、韓国国宝指定も◆

 韓国国内では1995年、骨董(こっとう)品の鑑定番組が人気となるのと時を同じくして、古美術品の盗難事件が急増。ソウル警察庁は昨年、韓国各地で仏像や仏画2358点、80億ウォン(約10億5000万円)相当を盗んだ男を逮捕した。一方、日本国内で盗難で所在不明となっている美術工芸関係の国指定重文は、文化庁の昨年10月の調べで52点(国宝8点)。
 長崎県・壱岐の安国寺から94年に盗まれた仏教経典「大般若経」は、韓国で95年、国宝に指定された。日本政府は、韓国政府に調査協力を依頼したが、ソウル中央地検は、最終的な購入者が盗品とは知らずに買ったもので、民法上の「善意の取得」と判断。経典は日本に戻っていない。
 文化庁によると、国内の文化財の警備状況は、博物館を除き手薄。「盗まれないよう自衛を呼びかけるしかない」のが実情だ。(ソウル支局・中村勇一郎、中部社会部・半田真由子)


海外の窃盗団の多くは、中国人、韓国人であると、犯罪の資料にも明記されております。
先日の記事(事件内容は別件です)でもありましたが、こういった事件をまず水際で防ぐためには、入国管理が一番であり、それを強化することでまずは防ぐことが出来る。(一応今秋から、強化されるらしいのですが、対策が遅すぎる・・・)
国の指針として、韓国と短期ピザがいらない様にしているが、上記事件等の教訓が生かされるだろうか??
国内の治安の悪化は、このことも該当していると考慮し、法令順守の必罰が必要である。
又、より人権人権と騒ぐ情けない国になっている(差別と区別は違う)感じがする今日この頃です。(国会がその代表か・・・・。それともこの国の政治とは、所詮こんなものなのですか??)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/02/26 21:40】 | 株投資
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。