上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

校長による「君が代」伴奏命令は合憲、初の判断
■最高裁「学習指導要領の趣旨にかなう」

 東京都日野市立小学校の入学式で「君が代」のピアノ伴奏を拒否して戒告処分を受けた音楽教諭の女性(53)が、「校長の職務命令(伴奏指示)は思想、良心の自由を侵害するもので憲法違反」として処分取り消しを求めた行政訴訟の上告審判決が27日、最高裁第3小法廷であった。那須弘平裁判長は職務命令について「思想および良心の自由を定めた憲法19条に反するとはいえない」との初判断を示した上で女性教諭側の上告を棄却した。女性教諭の訴えを退けた2審・東京高裁判決が確定した。
 1審・東京地裁と2審の判決などによると、女性教諭は平成11年4月、入学式で校長から「君が代」のピアノ伴奏を指示されたが拒否。東京都教育委員会は同年6月、地方公務員法違反(職務命令違反、信用失墜行為)に該当するとして戒告処分とした。
 那須裁判長は判決理由で、女性が「君が代」が過去の日本のアジア侵略と結びついているとの思想を持っていることに絡み、「ピアノ伴奏を拒否することは女性にとっては歴史観ないし世界観に基づく一つの選択ではあろうが、一般的には不可分に結びつくものということはできない」と指摘。ピアノ伴奏の職務命令について「特定の思想を持つことを強制したり、児童に対して一方的な思想や理念を教え込むことを強制したりするものではない」と判示した。
 さらに「入学式等において音楽専科の教諭によるピアノ伴奏で国歌斉唱を行うことは、学習指導要領などの趣旨にかなうものであり、本件職務命令はその目的および内容において不合理であるとはいえない」とした。
 判決は5人の裁判官のうち、4人の裁判官一致の意見。藤田宙靖裁判官は「『思想および良心』とは正確にどのような内容であるかについてさらに詳細な検討を加える必要がある」との反対意見を付けた。


何故に日本だけ国歌と国旗の件で裁判がおき、最高裁まで行かないと判断が付かないようなことになっているのでしょうか・・・・。
思想及び良心の自由の行きすぎが、今の世の中の不都合が起こっている原因の1つではないかと思います。(権利には義務と責任が付きものですし、教師という職業において、暮らしている国の敬意を教えるは当然ではないのでしょうか??)

>特定の思想を持つことを強制したり、児童に対して一方的な思想や理念を教え込むことを強制したりするものではない

特定の思想を持って、児童に対し一方的な思想や理念を教え込んでいるのは、訴えを起こした先生ではないのでしょうか?

まあ、何にせよ当然の結果が出て幸いですし、訴えを起こした先生には、自分の行動が教師として恥ずべき行為ではないのか、もう一度考えてみては如何でしょうか??(考えが変わらないのであれば、教師には向いておりませんので、お辞めになられては如何でしょうか?)


暴れて免職、8年後採用し着服免職…京都市ずさん事務

職員の不祥事が相次ぐ京都市で、ペットの死体引き取り手数料約15万円を着服したとして今月13日に懲戒免職となった元市環境局職員の男性(49)が、以前にもタクシー内で暴れて現金を奪ったなどとして分限免職されていたことがわかった。
 同じ人物を2度採用し、2度とも不祥事で免職していたことになり、採用事務のずさんさが浮き彫りになった格好だ。
 市によると、男性は市水道局営業所勤務だった1984年11月、病気休職中に酒を飲んで乗ったタクシーで暴れ、運転手から現金2000円などを奪って逃げて逮捕された。起訴猶予処分になったが、市は「公務員の適格性を欠く」として、分限免職処分にした。しかし、92年2月に市清掃局(当時)が採用。今月、懲戒免職になった後に、市議会からの指摘で調べたところ、「採用―免職―採用―免職」という実態が判明した。

近畿の主要都市(大阪市、京都市、奈良市)の公務員は、とても素晴しいとしかいえない事件ばかりですね・・・・。
どういった採用方法なのか、一度市民に詳細をご説明され、採用担当者、管理職、市長の更迭も必要ではないのでしょうか??
まあ、どの都市も解放同盟との関係が大きいですので、それを断ち切れぬ限りは、ずーーーーーーーーーと続くのでしょうね。
仕事柄、柄が悪い、態度が悪い、行動が変な公務員の方も拝見することがありますが、環境の部署は所詮そんなものになっているのですね・・・。
上記に住む住民の皆様は、議会に任せたりせず、一度詳細な経緯の説明と対策と罰則の強化について、問いただしてみては如何でしょうか??
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

【2007/02/27 21:00】 | 教育
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「イエローカード」から「地獄へ直行」まで5段階の文言を書いた模造紙を廊下に張り、遅刻回数に応じて生徒の名前を張り付けていた教師が居たそうです。発想がなんだかゲーム感覚で教師の言う言葉ではないですね。 明細
2007/03/01(Thu) 08:55:03 |  ニュ~ス/チェックpod
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。