上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米映画「南京」は捏造! 保守系有志ら“真実”の映画製作へ

 昭和12年、旧日本軍が日中戦争で南京を攻略した際、「南京大虐殺があった」との立場で描いた映画「南京」の上映が今月18日から米国の映画祭で始まった。これに対し、保守系の有志らが「南京大虐殺は政治的陰謀のでっちあげ」とするドキュメンタリー映画「南京の真実」の製作に乗り出す。
 映画「南京」は事件当時、現地に滞在していたドイツ人ビジネスマン、ジョン・ラーベ氏の残した日記を踏まえ、製作された。映画では犠牲者の数が「20万人以上」とされている。今年はほかにも中国系米国人作家、故アイリス・チャン氏のベストセラー「ザ・レイプ・オブ・南京」を下敷きにした米英中の合作映画など、5本程度の「南京大虐殺」映画が封切られる予定だ。
 ただ、チャン氏の著作に対しては、「掲載された写真は中国国民党の宣伝担当による捏造(ねつぞう)で、南京大虐殺を証拠立てるものは存在しない」(東中野修道亜細亜大教授)など保守論壇からは否定的な見方が相次いでいる。
 映画「南京」のストーリーに反発する、衛星放送テレビ局「日本文化チャンネル桜」(東京都渋谷区)社長で映画監督の水島総さん(57)は「ありもしない『南京大虐殺』が歴史の『真実』とされるのは納得がいかない。このまま何の手も打たず、日本の国際的なイメージが悪化するのは見過ごせない」と映画の製作を思い立った。
 水島さん自らがメガホンを取り、当時の生存者の証言やフィルムなどをまとめ、今夏までに完成させる。今年は南京攻略から70年。南京が陥落した12月に合わせ、劇場公開と世界への配信を目指す。水島さんは「国内外の誤った歴史認識を改める道を切り開きたい」と話している。24日に映画の製作委員会を発足させ、製作資金の支援を一般に求める。問い合わせは同委員会準備室((電)03・5464・1937)。


1月頃からネット上では、話題になっておりましたは、ほとんどのマスコミ各社が報道していないようで、知らない人が多いでしょうね。
映画についてのは、まだ決まっていないようですが、バナーをクリックして頂ければ、HPに辿り着きます。
また、賛同して資金援助をして頂ける方がおられましたら、いくらでからでも宜しいとの事です。
私個人としましては、南京攻略時の戦闘による死傷者等は、あったとは思ってはおりますが、大虐殺というようなことは無かったと認識しております。(中国による言い分は、年々数字が増えており、疑問点が多い。また、証明するものには、疑惑が多い。悪魔の証明の表現である。)

下記に参考HPを載せておきます。
『南京大虐殺はウソだ!』
南京大虐殺とは
南京大虐殺関係資料

自分なりに検証するためには、最低でも、東中野修道著「南京虐殺の徹底検証」とアイリス・チャン著「ザ・レイプ・オブ・南京」について、読んでみる必要があると思います。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

【2007/03/04 21:36】 | 歴史
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。