上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国】 対馬(テマド)奪還国民運動を開始。対馬に上陸して韓国国旗を掲揚、領有を宣言へ

■「独島は我らの領土、対馬島(テマド)も我らの領土」(訳注※)
市民団体「活貧団(ファルビンダン)」(団長:洪ジョンシク)は愛国社会諸団体と連帯して、釜山からわずか50km足らずのところにある、失われた我が国の領土「対馬島(対馬島~福岡間は147km)奪還国民運動」展開を開始した、と発表した。

4年前から全国の島嶼地域の地方自治体を回って独島守護運動をしてきた活貧団は、今月18日の午後に江華島の摩尼山で高麗大学校友会コギョン山岳会員らと始山祭を行なった後、「失われた我らの領土・対馬島を奪還するキャンペーン」を展開する、としている。

この運動を、世宗1年(西暦1419年)に李従茂(イ・ジョンム)将軍が対馬島を征伐した日である6月19日まで、南海・巨済・珍島・莞島・新安・鬱陵郡など島で構成された地方自治体と道庁所在地などの主要大都市を巡回して全国に広め、8月15日の光復節ごろ対馬島に上陸して太極旗を掲揚した後、対馬島が韓国領土であることを内外に宣布する計画だ。<中略>

活貧団は、「対馬島は三国時代から壬辰倭乱(訳注:秀吉の朝鮮出兵のこと)前まで慶尚道鶏林の地であり、辺境駐在官である敬差官・体察使などが派遣されていて、我が国の領土としての歴史的根拠は十分だ。日本側の史料にも、対馬島が朝鮮領土だという記録が残っている。遅ればせながら今からでも『対馬島奪還国民運動』に国民が乗り出す時だ」と訴えた。
▽ソース:ニューシス/Yahoo!Koreaニュース(韓国語)(2007-03-17 14:57)

http://www.newsis.com/newsis/Index?title=&pageTp=Sub4&pId=&cId=&artiGbn=ART
I&artiId=NISX20070317_0002207100
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellvi
ew.htm?linkid=459&articleid=2007031714575297080

活貧団は、「13世紀の日本の史書『塵袋』 に、新羅人が住んでいたと記録されており、また1723年に対馬島の大学者・藤定房が編纂した『対州編年略』にも、対馬島は高麗国の牧(行政区域)だったとある。こうした記録から見ても、対馬島が我が国の領土であることは明らかだ」と強調した。

また活貧団は、朝鮮王朝が痩せ地の対馬島の住民を食糧供給の必要な困窮の中に放置しているうちに、壬辰倭乱の際に対馬島に韓国侵略の拠点としての利用価値があると知った日本が自分の領土にしてしまい、永久に奪われた領土となった」と主張した。

これとともに活貧団は、建国直後に李承晩初代大統領が対馬島返還を主張した際に日本がこれに直ちに反駁し、また李大統領が1952年1月18日に「隣接海洋の主権に関する大統領宣言」で対馬島領有権を主張した、とした。
▽ソース:ニューシス/Yahoo!Koreaニュース(韓国語)(2007-03-17 14:57)

>この運動を、世宗1年(西暦1419年)に李従茂(イ・ジョンム)将軍が対馬島を征伐した日である6月19日まで、南海・巨済・珍島・莞島・新安・鬱陵郡など島で構成された地方自治体と道庁所在地などの主要大都市を巡回して全国に広め、8月15日の光復節ごろ対馬島に上陸して太極旗を掲揚した後、対馬島が韓国領土であることを内外に宣布する計画だ。

上陸計画であり、まだ行われていないのが唯一の救いであるが、このように一方的にしか見ず、自分達の行動がどんな影響を持つのかさえ分かっていない。
例えば、日本がアメリカに対して、ハワイ島は、元々日本のものだと宣言し、同じようなことをしたら、どのような結果になるかは自明の理であり、最悪、宣戦布告と取られるであろう。

韓国人は、過去から様々な行動を行っているが、どれに関しても理解し難い行動である。
このような国と友好関係を持ち、お互いに切磋琢磨に磨き上げるようになるのは、到底不可能であると私は認識する。(今回の計画を実行した場合は、私の堪忍袋の緒が切れる。)
政府には、行動阻止と行われた場合の厳しい対処を要望する。(竹島の件も同じことである。)
私個人としては、韓国と戦争となることも思案すべきであると考えますが・・・、まあ甘い日本ですから、ならないでしょうが・・・。

現在、韓国とは短期ピザなし渡航ができるようになっているが、政府に対して、この措置の取り消しを要望する。(公明党が主催で行ったこの措置は、悪法である。)
今まで、日本は数多くの事なかれ主義の外交を行ってきたが、国際社会において、主張しなければ肯定であることを認識し、主張する外交を行い、日本人の名誉を守って頂きたいと思っております。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

【2007/03/18 20:20】 | 領土
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。