上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国銀、凍結資金受け入れ拒否=北朝鮮の提出書類にも不備

【北京21日時事】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議筋は21日、凍結解除されたマカオの金融機関バンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮資金約2500万ドル(約29億円)の送金先となっている中国銀行が入金受け入れを拒否しているほか、北朝鮮による送金手続き上の不備があるため資金返還作業が遅れていることを明らかにした。


6カ国協議、またも空転 休会の見通し強まる

北朝鮮核問題をめぐる第6回6カ国協議は3日目の21日、前日に続き北朝鮮がマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)にある資金移管が確認できないことを理由に協議に応じず、またも空転した。米国、韓国、ロシアの首席代表は早期移管が困難であることを示唆。議長国中国は同日夕から2国間協議を順次開いて事態収拾を図ったが、同日で協議が打ち切られ休会になるとの見通しが強まった。

 中国は今回協議の会期を19日から3日間と想定。5作業部会の協議を受け、2月の前回協議で合意した核放棄に向けた「初期段階措置」履行や次の段階の行動などに関する議論を行う予定だったが、具体的な討議はほとんどできていない。

 米首席代表ヒル国務次官補は韓国首席代表の千英宇外交通商省平和交渉本部長と昼食を兼ねて協議した後、「資金移管はまだ完了していない。中朝間の金融問題で、われわれにはなすすべがない」と説明し「今回、休会になっても驚かない」と述べた。

 千本部長も「きょうが最後だ」と述べ「北の口座に送金しようとしてもできない技術的問題が生じている。なぜ起きたのか、どう解決すればいいのか分からない」と語った。

 ロシア首席代表のロシュコフ外務次官も中国から会期延長の提案を受けていないとした上で、22日に帰国する予定だと述べた。

 米朝間の合意では、同行の北朝鮮関連口座の資金2500万ドル(約29億5000万円)全額が中国銀行にある北朝鮮の朝鮮貿易銀行口座に移管されることになっている。(共同)


米銀行とBDAの取引禁止方針、核問題にも影響か

【ワシントン13日聯合】米財務省が、マネーロンダリング(資金洗浄)など北朝鮮の違法資金取引疑惑を受けていたマカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)に対する制裁措置として、米国内行とBDAの取引を禁じる方針を固めたようだ。北朝鮮の凍結口座の解除問題にからみ、核問題にどのような影響がもたらされるか注目される。
 米財務省官僚は13日、聯合ニュースの電話取材に対し、BDAに関する決定が14日か15日にも正式に発表されるだろうと述べた。米国はBDAをマネーロンダリングの「懸念対象」から、「対象」機関に指定する予定で、マネーロンダリングに関与したBDAの主要幹部を起訴することも検討しているという。こうした措置が取られた場合、BDAの外国為替取引機能が停止され破産する可能性も高く、マカオの金融当局は清算のため売却や買収合併(M&A)手続きに入ることが予想される。

 ロイター通信は米官僚の発言として、財務省の措置を受け、マカオの当局がBDAの北朝鮮凍結口座の解除問題について決定を下すだろうと伝えた。財務省報道官は北朝鮮凍結口座の解除問題に対して、マカオの当局が扱う問題で米国が話すことはないとしている。また12日には、「BDAが北朝鮮とつながる顧客のために違法取引を手助けしただけでなく、違法活動を継続してきたことが確認された」と強調した。

 財務省は、北朝鮮の凍結資金2400万ドルのうち約半分の1200万ドル程度を違法性が低い資金、残りは違法性が高い資金とみなし、マカオの当局にこれを通知したとされる。

 現在、北朝鮮の凍結資金の解除規模に関し、選別して800~1200万ドルが解除されるとの観測もあれば、マカオ金融市場と6カ国協議などに及ぼす影響などを考慮し2400万ドル全額を解除する可能性を指摘する声もある。これに先立ち北朝鮮の金桂寛(キム・ゲグァン)外務次官は、「米国が部分解除にとどまれば、われわれも寧辺原子炉を部分的にしか閉鎖しない」と警告している。


さて、六者会談はマスコミの報道では、北朝鮮のペースで事が運んでいるようですが、裏側では、アメリカによるBDAの外国為替取引機能が停止の勧告があるようです。
資金は、BDAから中国銀行へ全額移される事になっておりますが、二度とBDSを使用すること(マネーロンダリング)が出来なくなるようですし、中国銀行がどう動くかに注目が集まります。

まあ何にせよ、日本は蚊帳の外にいる感じ(実際に外かもしれませんが・・・)ですので、今までの姿勢を一切崩さず、拉致と核問題について、どんどん発言するべきです。
又、各国との連携(韓国、中国、ロシアは除く)を深めて、包囲網を形成することと、防衛に関して強化(法律の改正や整備、核議論を行う又は実際に活動する)することが、前にも行っていると思いますが、重要であると思います。

北朝鮮は、日本の支援なんぞ一切欲しくないし、宣戦布告をしている国である(実際にしたらやるといったことがあるので)し、ウソツキ私怨国家なので、非情(人道的支援もしない)に徹することも必要です。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/03/22 21:11】 | 政治
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。