上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイも「北に圧力かけている」拉致解決へ取り組み

 【バンコク=岩田智雄】タイを訪問中の家族会と支援組織「救う会」のメンバーが23日、タイ外務省を訪れ、拉致問題解決への協力を要請した。タイでは、女性1人が拉致被害に遭っており、メンバーによると、タイ政府担当者は「タイと北朝鮮は通常の関係にあるとはいえず、北朝鮮に一定の圧力をかけている」と拉致問題解決に向けて取り組んでいることを説明した。

 タイを訪問しているのは田口八重子さんの兄で、家族会副代表の飯塚繁雄さんと、救う会の西岡力副会長。飯塚さんらは面会後、バンコク市内で拉致被害者救出を訴える講演会に参加した。


各国が連携して、北朝鮮を締め上げる必要がありますし、タイにおいても拉致被害があり、救出する必要があります。
国民を守ることが国の大きな意義(責任)であり、それが蔑ろにされることは、国の意味が無いと私は思っております。
家族会と支援組織「救う会」の代表横田滋氏が、持病などのため代表を退くということですが、代表がどなたになろうとも、解決するまで解散はありませんし支援する必要があります。
横田滋氏には、この機会にゆっくりと静養していただきたいと思います。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

【2007/03/26 22:45】 | 政治
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。