上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京王線脱線事故 乗用車運転の女を書類送検<3/26 15:13>

 去年11月に東京・杉並区の京王線の踏切内で電車と乗用車が衝突し電車が脱線した事故で、警視庁は26日、乗用車を運転していた40歳の女を書類送検した。
 道路交通法違反などの疑いで書類送検されたのは、東京・江東区に住む韓国籍の女(40)。調べによると、女は去年11月、杉並区の京王線の踏切内に乗用車を停止させるなどした疑いが持たれている。女は踏切内に車を放置したまま逃げたため、直後に走ってきた電車が車と衝突し、先頭車両が脱線する事故になっていた。

 調べに対し、女は「カーナビに気を取られていたら踏切内に入ってしまった。遮断機が下りてきて気が動転し、外に飛び出した」と供述している。


名前が報道されない事件が、このところよく見かけますが、40代の韓国籍の女性とだけしか書かれておりませんが、これがマスコミの対応と取って宜しいですか??
日本人がこのような事件を起こした場合、名前を書かれるのではないでしょうか??、この意見は間違っておりますか??
何人であろうとも、このような事件を起こした場合、氏名を表記するのが、普通ではないでしょうか??

このようなことを必然的に行っているのであれば、朝鮮人及び韓国人が優遇されていると、感じます。(在日特権を許さない市民の会の主旨の1つは、このようなことをさせないことです。)
マスコミの今後の対応を、見させて頂きます。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/03/27 20:39】 | マスコミ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。