上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

護衛艦「しらね」2等海曹、イージス艦情報持ち出す

 海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の護衛艦「しらね」乗組員の2等海曹(33)が護衛艦情報などを持ち出した事件で、情報の中にイージス艦に関する記録が含まれていたことが30日、わかった。

 性能などにかかわる内容とみられる。日米相互防衛援助協定に基づいて米国から供与された武器の性能などは、防衛省が指定する秘密情報の中でも、最も秘匿性の高い「特別防衛秘密」に該当する。外部に漏えいすれば、同協定に伴う秘密保護法に抵触する可能性もあり、捜査当局で慎重に情報の分析を進めている。

 捜査当局などによると、今年1月、神奈川県警が2等海曹の中国人の妻に対する入管難民法違反容疑(不法残留)で、横須賀市内の自宅を捜索した際、護衛艦のレーダーのデータなどが入ったフロッピーディスクのほか、容量の大きいハードディスクが押収された。

 同県警などで、このハードディスクを解析したところ、日本でも配備されているイージス艦に関する情報が入力されていることがわかった。2等海曹などの下士官が接触できる情報ではなく、捜査当局は、海自の情報管理体制とともに、情報の入手経路を調べている。

 イージス艦は、飛来する10以上の航空機やミサイルに同時に対処できる世界最高峰の防空能力を持つ護衛艦。コンピューターで目標を追尾、攻撃するイージス・システムは、米国が開発したもので、イージス艦の性能に関する情報は、秘密に該当するものが極めて多いとされる。

 海上自衛隊では、1993年に1番艦の「こんごう」が就役し、現在は5隻のイージス艦を保有。来年3月に最後の6番艦が就役する。昨年7月の北朝鮮のミサイル発射の際には、事前に日本海などに展開していたイージス艦がミサイルの軌道の追尾に成功。今年末から、弾道ミサイルを迎撃するスタンダード・ミサイル3を順次、搭載する。

 防衛省の秘密情報は、「省秘」のほか、国防上、特に秘匿の必要性が高い「防衛秘密」があり、外部に漏えいした場合、自衛隊法違反に問われ、罰則は5年以下の懲役となる。日米相互防衛援助協定に伴う「特別防衛秘密」はさらに秘匿性が高く、漏えいした場合、自衛官だけでなく一般国民も罪に問われ、10年以下の懲役が科せられる。


情報管理の甘さが出てますね・・・・。中国人が喉から手が出るほど欲しい情報であり、妻が中国人のスパイである可能性が高いと思います。
日本国には諜報機関(情報統括機関)とスパイ防止法などがありませんので、諜報機関の巣窟になっているとも取れます。
早急に、法律の整備と自衛官の情報管理(倫理の徹底を含む)を行っておかないとまた同じようなことがおきるでしょう。
情報戦では、日本は負けっぱなしですし(特定アジアに対する外務省の対応を見ていれば、何もしていないと感じます)、こんなことでは、防衛力向上など出来ないでしょう・・・。
罰則についても、もう少し厳しい措置(5年を10年、10年を20年に)にしても良いと思います。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2007/04/02 20:48】 | 政治
トラックバック(0) |

蜜罠?
tono
 必ずと言って良いほど、支那の女が絡んでますね。
 自衛官の恋愛も自由ですが、自由には同じ重さの責任がついて回るという、最低限の自覚が足りないようですね。
 自衛官に限りませんが、
 自由・権利=責任・義務
 同じ重さだと思います。

 商取引でも同じですよね。


クリスタニア
政治家にしろ、民間人にしろ気をつけるべきですね。(支那蜜蟻地獄は、危険ですと考えて欲しいです。)
自分の仕事の極秘情報を取られる事が、如何に危険であり、己自身だけの影響に済まされないのか自覚が必要です。

tonoさんが仰られている通り、私も自由・権利=責任・義務は、同じ重さだと思っております。

憲法前文にある平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して、われらの安全を保持しようと決意した。って部分は、絶対に成り立たないので、削除すべきだと思います。(この部分以外にも削除か改正がありますけど、これだけでも今の憲法は、夢想の憲法としか思えない。)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
蜜罠?
 必ずと言って良いほど、支那の女が絡んでますね。
 自衛官の恋愛も自由ですが、自由には同じ重さの責任がついて回るという、最低限の自覚が足りないようですね。
 自衛官に限りませんが、
 自由・権利=責任・義務
 同じ重さだと思います。

 商取引でも同じですよね。
2007/04/03(Tue) 15:51 | URL  | tono #vFsRzAws[ 編集]
政治家にしろ、民間人にしろ気をつけるべきですね。(支那蜜蟻地獄は、危険ですと考えて欲しいです。)
自分の仕事の極秘情報を取られる事が、如何に危険であり、己自身だけの影響に済まされないのか自覚が必要です。

tonoさんが仰られている通り、私も自由・権利=責任・義務は、同じ重さだと思っております。

憲法前文にある平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して、われらの安全を保持しようと決意した。って部分は、絶対に成り立たないので、削除すべきだと思います。(この部分以外にも削除か改正がありますけど、これだけでも今の憲法は、夢想の憲法としか思えない。)
2007/04/03(Tue) 21:58 | URL  | クリスタニア #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。