上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたはきっと 「外国人参政権」


2007年05月07日

定住の地 遠い1票


 4月。全国が選挙ムードに包まれ、府内でも首長や議員が有権者の一票で次々決まった。南区の「希望の家カトリック保育園」の園長の崔忠植(チェチュンシク)さん(69)は、深夜までテレビの開票速報にくぎ付けになった。

 「選挙に行きたくて、行きたくて……」

 在日韓国人2世。高校まで「新山守吉」の名で通った。染織工場に勤める父とチマ・チョゴリ姿の母。家はニンニクのにおい。「朝鮮人」と言われるのが怖くて友達を呼べなかった。

 「在日」という現実から目を背けようと、バスケットボールに打ち込んだ。女の子にラブレターをもらっても、本当の自分を明かせないことがつらかった。

 教育大学を目指したが、「在日は教員になれないのが分かっているのか」と兄に言われた。府立大で社会福祉を学んだ後、同志社大で神学を修めて牧師になった。70~80年代にかけて大阪や京都で指紋押捺(おう・なつ)などの人権問題に直面。「社会に自分たちの意見を反映するためには参政権がいる」と意識するようになる。

 以来、在日本大韓民国民団(民団)の活動などを通して、地方参政権の必要性などを訴えている。

 84年の国籍法改正で、両親どちらかが日本人の子は自動的に日本国籍を取得でき、22歳までに国籍を選ぶ仕組みに変わった。「日本国籍を取って、参政権を得ればいい」。世間ではこんな考えも根強い。

 崔さんは、日本国籍を取るつもりはない。韓国籍の自分の存在が、日本社会でほかの国籍を認めてもらうための一つのシンボルになると思うからだ。「参政権は地域社会の一員と認めること。それが共生社会を生み、差別や偏見を乗り越えていく力になるんです」

 山科区の神門(ごうど)佐千子さん(53)宅では、次男が20歳になり、選挙権がないのは夫のラローズ・ジャックさん(61)だけになった。

 ラローズさんはパリ大を卒業後、フランス語講師として約30年前に来日。神門さんと結婚して永住権を取得した。現在は京都大でフランス語を教え、ボランティア活動に精を出す。

 統一地方選では応援する候補者の記事を新聞で読み、政策を比べた。選挙に関心の高い母国に比べ、日本の投票率は低い。「行かないのなら、こっちに選挙権を与えて」と思う。

 4月に初めて投票に出かけた次男は言った。「僕たちより長く日本に住んで日本を知っている人に選挙権がないのはおかしい」

 神門さんは国際結婚をした人々と「国際結婚を考える会」をつくり、在日の人らと共に永住外国人の選挙権を求めて活動している。

 「外国人はいつか帰ってもらう存在という意識が日本人には強い。でも、地域の一員として一緒に街づくりを考えていく意識が必要だ」



「参政権は国民主権に由来し認められるものであるから、その享有主体は憲法上日本国籍を有する国民に限られる」と、最高裁が下しているように、日本国においては、日本国民のみが与えられる権利及び義務である。

簡単に帰化を認めることを私は推奨いたしませんが、日本国の参政権を望み、日本のために頑張ろうとなさるのであれば、日本国民へと帰化することが、重要であります。(米国においては、市民権は簡単にもらえますが、参政権となると簡単には無理です。)

外国籍のままで、日本の政治にとやかくと言われる権利を与えること事態おかしなことであり、朝日新聞社はそれを推奨するというジャーナリスト宣言をした報道社(今は宣言破棄してます)とは、思えない暴論であると私は認識いたします。
故郷に帰れば、参政権がありますし、地域の一員としての考えるのであれば、現状でも可能です。

>指紋押捺(おう・なつ)などの人権問題に直面
これは人権問題では御座いません。
外国人の入管法として正しい処置であります。海外において、必要となる場合は、私はそれに応じます。

私はこの主張により、改めて曖昧な立場である在日の方々の特別永住及び通名の廃止の必要性を認識いたしますと共に、他の外国人と同じ格差のない措置の必要性、望む方への第2次帰国事業を国に進呈いたします。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

【2007/05/08 21:31】 | マスコミ
トラックバック(0) |

賛成
tono
>私はこの主張により、改めて曖昧な立場である在日の方々の特別永住及び通名の廃止の必要性を認識いたしますと共に、他の外国人と同じ格差のない措置の必要性、望む方への第2次帰国事業を国に進呈いたします。
・激賛同します。
 強制連行されたと主張される方は、日本国としては事実を認められませんが、名乗り出て頂ければ、人道的配慮から帰国費用を負担し祖国へ帰国させて頂きます。
 名乗りでない方は、永住権を持つ「外国人」として、多国籍の方々と分け隔て無く入国管理法に従い措置致します。

 という事ですね。
 選挙権等とんでもありません。
 幸い日本語が堪能な方が多いようですので、しっかりと資格をクリアして帰化する道も当然にあります。そうすればいやと言っても参政権は付いてきますよね。
 もう、寄生虫はお止めになったほうがよろしかろうと思いますね。


クリスタニア
コメント有難う御座います。
朝日の主張を反面教師にして、通常の永住権がある外国人として扱っていれば、今のような事にはならなかったと思います。
又、希望としては、一度全員帰国させて頂きたいものです。(自由意志の渡航及び密航によるもの達が大半であるから)
帰化については、通常の外国人と同等の手続きを必ず行い、朝鮮系日本人としての自覚を持つならば、私は宜しいと思います。
そろそろ、常識外れな意見や敵視するのは、止めて頂きたいです。(朝鮮総連と民潭及びその関連団体は、強制退去で良いです。)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
賛成
>私はこの主張により、改めて曖昧な立場である在日の方々の特別永住及び通名の廃止の必要性を認識いたしますと共に、他の外国人と同じ格差のない措置の必要性、望む方への第2次帰国事業を国に進呈いたします。
・激賛同します。
 強制連行されたと主張される方は、日本国としては事実を認められませんが、名乗り出て頂ければ、人道的配慮から帰国費用を負担し祖国へ帰国させて頂きます。
 名乗りでない方は、永住権を持つ「外国人」として、多国籍の方々と分け隔て無く入国管理法に従い措置致します。

 という事ですね。
 選挙権等とんでもありません。
 幸い日本語が堪能な方が多いようですので、しっかりと資格をクリアして帰化する道も当然にあります。そうすればいやと言っても参政権は付いてきますよね。
 もう、寄生虫はお止めになったほうがよろしかろうと思いますね。
2007/05/09(Wed) 20:33 | URL  | tono #vFsRzAws[ 編集]
コメント有難う御座います。
朝日の主張を反面教師にして、通常の永住権がある外国人として扱っていれば、今のような事にはならなかったと思います。
又、希望としては、一度全員帰国させて頂きたいものです。(自由意志の渡航及び密航によるもの達が大半であるから)
帰化については、通常の外国人と同等の手続きを必ず行い、朝鮮系日本人としての自覚を持つならば、私は宜しいと思います。
そろそろ、常識外れな意見や敵視するのは、止めて頂きたいです。(朝鮮総連と民潭及びその関連団体は、強制退去で良いです。)
2007/05/10(Thu) 22:12 | URL  | クリスタニア #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。