上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、送信したばかりですので、ご回答頂くまでには時間がかかると思いますが、質問内容を掲載致します。
ご回答頂けた際には、内容について掲載します。

今日は。
前回及び前々回ともに、お忙しい中ご回答頂きまして、誠に有難う御座います。

以下のように、ご回答頂いておりますが、提案と疑問が御座いますので、宜しくお願い致します。

平成19年4月20日
大阪市教育委員会教育長
担当  :  庶務課

大阪市教育委員会事務局

平素は大阪市教育行政にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
早速ですが、平成19年3月31日に大阪府教育委員会あてにお問い合わせされた件について次のとおりお答えします。

①「学校要覧」は、校区に外国籍の方が多数居住されていることの配慮から、韓国・朝鮮語、中国語、英語での記述も含めて作成されています。
学校教育においては、日本語で教育活動を進めています。

②総合的な学習の時間で、国際理解教育として近隣の身近な国々の文化を知るという学習を行うことはありますが、民族学級は教育課程外の取り組みであり、放課後に開設されています。
 キムチ販売の件については、学校教育活動の中で行うことは適切ではないので、改善を図るように教育委員会として指導いたしております。
 「人権教育基本方針」や「在日外国人教育基本方針」に基づき、自国のアイデンティティの確立を大切にしていくということからも、今後韓国・朝鮮以外の国の民族学級が開設されることも考えられます。

③現在の日本社会において、韓国・朝鮮人をはじめ、在日外国人に対する差別や偏見が存在している実情を踏まえ、ちがいをちがいとして認め合い、互いを重する多文化共生の社会をめざす教育を推進しています。
名前については、大阪市教育委員会として、「本名を呼び・名のる」ことを進めています。


ご回答について①~③の番号を振らせて頂きます。以下の提案及び質問については、その番号で行っております。

①「学校要覧」については、配慮事項ということ数々の言語で書かれているとのことですが、海外の公立小学校においては、母国語で書かれており、日本においても全ての言語に配慮する必要はないと思います。
学校教育は、日本語で行われているとのことですので、この点に関しては何もありません。

②キムチの販売については、学校教育において相応しくないとのことで、改善指導する点は、理解致しました。
ただし、民族学級制度については、公立学校において必要な制度であるのか?と疑問しか浮かびません。地域特性があったとしても、公立学校において国際理解教育を行うよりも、日本の伝統文化教育を推進することが望ましいと思います。

「人権教育基本方針」や「在日外国人教育基本方針」に基づき、自国のアイデンティティの確立とご回答が御座いますが、公立小学校において、他民族のアイデンティティ確立を促す教育は必要ではなく、そういった教育は民族学校において、行われるべき行為であります。(海外における日本のシステムは、民族学級制度ではなく、民族学校であります。)

「人権教育基本方針」については、間違った認識を含み、人権について増長させていると思われます。

「在日外国人教育基本方針」については、「土地調査事業」「産米増産計画」などの植民地政策により、朝鮮半島の人々の多くが生活基盤を奪われ、仕事を求めて日本に移り住むことを余儀なくされた等と明記されております。
しかし、生活基盤を奪われたという記載の「土地調査事業」ですが、実際には、土地の所有制度が不明瞭であり、かつ両班の暴力による土地収奪などは日常茶飯事であり、農民の間でも土地の所有をめぐる抗争が絶えなかったのと、国地勢を正確に把握していなかったためにそれらを是正、解決するために行ったものあるということが事実であります。
このように、間違った事実を掲げている「在日外国人教育基本指針」について、是正する必要があるのではないかと思います。(他にも御座いますが、長くなりますので省略致します。)

海外にもおいても、公立学校に民族学級を置くことは、行われていないと御見受け致しますし、置くように運動展開しているのは、コリアNGO団体だけであります。

③現在、差別や偏見が存在する実情と言われておりますが、具体的事例としてどのような事が今も続いているのかお教え頂けますでしょうか?

また、別件において不法移住の問題もあり、私自身は個別の違いがあろうが関係に無しですが、見境ない人情による手助けによって、法律を破っても良いということにつながり、違法行為を増長している部分もあります。(イラン人家族不法滞在による強制退去の事件等)

又、ご提案なのですが、大阪市教育委員会は「本名を呼び、名乗る」ことを推進されておられるようですので、通称制度廃止を教育委員会から政府に嘆願して頂ければ、より推進すると思いますし、今後の展開においても重要なことであります。

大阪市教育委員会の主旨(教育基本方針)は、他の教育委員会とは大きく異なると感じますので、再度御意見致しました。

提案並びに質問に対するご回答の程、何卒宜しくお願い致します。


私の意見とは、180度見解が違った論文をたまたま発見しましたので、掲載します。お暇な方は、読んでみるもの良いかもしれませんね・・・。


日本の公立学校における民族学級について~大阪の民族学級を中心に~
http://www.advance-k.net/sang_chong_hyo.pdf#search='%E6%B0%91%E6%97%8F%E5%AD%A6%E7%B4%9A%20%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%82%B9'
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:教育問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/06/19 18:09】 | 教育
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
大学の経営学部では、どんなことを学べるのでしょうか? 経営学部ではその名のとおり、企業の経営法のノウハウや理論を学びます。 広い視野から見た経済全般を取り扱う経済学部に比べて、ビジネスとしての一企業経営に焦点を当てているため、より具体的・実務的な内容となっ
2007/08/10(Fri) 06:12:17 |  教育について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。