上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月上旬に再審議で、児童ポルノ規制法改正法案が可決予定だそうです。
詳しくは、ネットで検索すれば、どなたでも簡単にその内容が如何におかしいか、分かりますよ。
断っておきますけど、性犯罪者はできるならば、最高で死刑でもいいと感じております。

http://crystania777.iza.ne.jp/blog/entry/1105616/ を見て頂いても、分かるかと思います。

要は、18歳未満に該当する方の性的興奮を感じる画像(写真等)を持っているものは、性犯罪者だから、例外なく逮捕されます。

上に該当する児童ポルノを見る方は、犯罪を犯す危険人物だと国が定め、自分、自分の子供のものでも、犯罪者だと一方的に決め付けられ、その国で暮らしたければ、物は廃棄し処罰を受け入れろということです。

私が危惧するのは、こういったことですが、これが実現される日本になった場合、日本国には住めなくなる可能性が高いので、海外移住も視野に入れます。
冤罪は誰が保障してくれるのでしょうか??、また、これによって失われたものは誰が返してくれるのでしょうか??

こういった法案を提出した自民党公明党には、危惧する内容で成立した場合、二度と投票いたしませんし、そんな政党潰れてしまえと思っております。(公明党には元とも投票しませんが。)

自民党は、2001年から痛みのある改革ということを、行って参りましたが、改革って郵政民営化と派遣法くらいでしょうか??
文字通り、痛みしかない何もできない改革だったなと感じております。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/03 01:22】 | 政治
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。